Author: nagaikoumuten

家づくりナビ春号が出版されました。今回はリフォーム物件を掲載しました。昨年の夏から秋にかけての施工で、平屋住宅にスキップフロアを増設し部屋の数を増やす設計になってます。部屋数が足りないとのことで、増築を考えておられた施主様でしたが、敷地の問題もあり、平屋の屋根の高さを利用してリビングにスキップフロア6畳を設けて、子供部屋2部屋にも3畳のロフトを設ける大改修となりました。今回は床下からの改築になりダメになった部材や弱い箇所は補強と手の込んだ改築となりました。発想とアイデアの詰まった物件です。みて下さいね~...

昨日は七尾市の改装で何件もリフォームをしているマンションの震災復旧工事の視察のため七尾市へ。七尾市は場所的に金沢市から離れており建築会社が少なくハウスメーカーなども入ってきていないエリアです。数年前から七尾市のマンションリフォームに関わっており震災直後からオファーが来ていましたが、電気、水、道路問題もあり今回の時期になりました。七尾市全体の住宅の瓦はほぼブルーシートがかけられおり、まだまだ復旧の目途が立たない状態でした。富山からは高速を使い事務所から2時間くらいかかります。25件のオファーが来ており1部屋ずつ調査し、残りは今週土曜日にまた調査にいきます。能登や珠洲も同じで地元の工務店や職人さんでは賄えない膨大な復旧作業があります。昨日から能登町に富山県建築組合から仮設住宅の建築に沢山の組合員が参加しています。話の中には地元の会社には頼めないから家を建ててほしいという依頼もでてきました。富山から近いといえど、2時間以上かかる場所なので、なかなか大変なお話ですが、少しでも協力できたらと思っています。あとたまたまブルーインパルスが上空を通過していきました。...

2024年 tatetaに掲載いたしました。本年度は新築1棟、リノベ1棟です。どちらともアイデアの詰まった住宅です。デザイン、間取りなどナガイ工務店らしい物件となっています。書店には今年1年店頭販売されます。また、見てみてくださいね‼...

とうとう、vintageサイドボードがやって来ましたよ~‼ サイドボードが長年に渡り、いつか手に入れたいなと思っていました。これが最終目標でした。今回はアメリカンビンテージのstanley社のサイドボードです。サイドボードのデザインは基本的に、引出し扉の組み合わせが多く取っ手や扉など凝ったデザインが特徴で、そこに私は(マニア)惹かれるのです。で今回もEASE-ANTIQUESさんに入荷したサイドボードに決定しました。こちらはすべて引出しになっており落ち着いた雰囲気と、どんな家のデザインにもマッチするなと思い、もう一台ありましたが今回はこのデザインに決めました。1960-1970くらいのものかと思います。私が生まれたころですかねぇ。家具は勿論予算などの問題もありますが、長く満足して生活できる物がいいなと思います。今にはないデザインとこれ1点しかないという満足感は、なかなか新しいものでは味わう事はできません。たまたま行ったらあったみたいな感じでしょうか。次行ったら無いみたいな…。古着や家具等々探して回る楽しさもあり、多分これからもやめられない病気ですかねぇ…。 いつもお世話になっているEASE NTIQUESさんはEASE LIFEと2店舗富山市内の西公文名町と清水町で営業されています。木曜日はおやすみです。店員さん方も非常に明るく対応されいつも気軽に遊びに寄っています。直接アメリカに仕入れに行っておられる為、クオリティーの高い商品が多いですよ! 興味のある方、気軽に覗いてみては如何ですか!面白いものが一杯ありますよ! 今回ついでにサンバーストクロックも購入しました。デザインが色々あり、いくつでも欲しくなり困りますね。...